日常その2

 

 

こんにちは、本田です。

 

 

 

前回の続きを書くことにします。

 

 

 

壮絶なる母の愛情を受け、あずき(愛犬)の散歩にでかけました。

 

 

IMG_0490

 

 

 

いざ出発して歩くこと数分、犬を連れた見知らぬおじさんに話しかけれました。

 

 

 

「あずきちゃんでしょ、今日はおにいちゃんが散歩してるんだね、これあげるよ」

 

▶もらう

▷もらわない

 

 

 

 

あずきはもらったお菓子をほおばった

 

 

 

 

 

 

そしてしばらくして、見知らぬ犬を連れた女性に話しかけられました

 

 

 

 

 

「おにいちゃんが連れてるから誰かと思ったけど、やっぱりあずきちゃんだよね」

 

▶もらう

▷もらわない

 

 

ポケットからできたお菓子をあずきはほおばる

 

 

 

 

 

 

しばらく歩くと

 

 

 

「あれ、あずきちゃんか!」

 

 

 

見知らぬ犬を連れたおじいちゃんに話しかけれました。

 

 

 

「途中まで一緒にいこう」

 

 

 

 

おじいさんと犬が仲間になりたそうにこちらを見ている

 

 

▶仲間になる

▷仲間にならない

 

 

 

 

 

 

あずきは仲間を引き連れて散歩をした

 

 

 

 

 

公園を3つほどはしごして、かれこれ40分ほど経っていたのでそろそろ家路に着くかなと思って帰ろうと思った瞬間

 

 

 

 

 

 

あずき、動かなくなる

 

 

 

 

 

 

 

まだ帰りたくないようだ

 

 

 

 

 

 

 

4つ目の公園に向かうことに

 

 

 

 

 

 

比較的大きな公園のため、小学生らしき子どもが遊んでいる

 

 

 

 

 

 

そのうち3人の女の子が向かってくる

 

 

▷たたかう

▶触らせてあげる

▷逃げる

 

 

 

 

 

女の子たちにかわいがってもらい、ようやく家に帰る決心がついたようだ

 

 

 

 

 

 

その後も2人ほど見知らぬ犬を連れた人に声をかけられつつ、お菓子をもらいつつ無事に家に到着

 

 

 

 

 

 

知らぬ間に1時間半以上も歩いていた

 

 

 

 

散歩していて気づいたこと、

 

・あずきの顔がひろい

・ご飯をあげる必要ないのでは?というほどお菓子をもらう

・ドラクエがやりたくなる

 

 

 

私の地元、横須賀は人情あふれるいい人が集まる街です。

 

 

ぜひ、遊びにきてくださいね~

IMG_0502