不動産売却をしようと思ってみたものの、何をどのように進めていけばよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか。人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決するために、ここでは不動産売却のおおまかな流れを紹介していきます。不動産売却には、7つのステップがあります。順番に見ていきましょう。

ステップ1.売却価格の相場を知る

物件を売ろうと思ったときには、まずは売ろうとしている物件が大体どのくらいの値段で売れるのか調べてみましょう。売りたい物件のある土地周辺の相場を見てください。もちろん、築年数や間取り、立地によって値段が変わってくるので、正確な値段は分かりません。しかし、目安を知ることはできます。相場を知ると、ステップ2の査定額が高いのか低いのか判断できるようになります。

相場を知るためには、チラシやウェブサイトを活用するとよいでしょう。広告チラシや不動産情報のウェブサイトを見ると、物件のある土地周辺の相場がどのくらいか分かるはずです。また、国土交通省が運営しているウェブサイト「土地総合情報システム」の利用もおすすめです。このサイトを見れば、基準地価格と取引の実例を知ることができます。

ステップ2.物件調査・価格査定を依頼する

次は、不動産会社に物件調査・価格査定を依頼します。無料で査定してくれる不動産会社もあるので 、気軽に相談してみましょう。

査定には、数字だけで見積もる簡易査定と、現地で物件調査する訪問査定の、2種類があります。簡易査定は簡単に見積もりを出してもらえる反面、実際の査定額と大きく異なることもあります。一方、訪問査定では、査定の際に現地へ付き添うという手間はかかりますが、正確な査定をすることができます。ただし査定の基準は不動産会社によって異なることもあるので、複数社に依頼することをおすすめします。

ステップ3.不動産会社を決定する

不動産会社を選ぶ際には、サービスやサポート、査定価格など様々な指標があります。こうした指標を参考にしながら、信頼のできる不動産会社に不動産の売却や購入の仲介を依頼しましょう。仲介依頼をする際には、媒介契約が必要になります。媒介契約には3つのタイプがあり、一社にお願いするのか、複数の不動産会社にお願いするのかといった条件によって媒介契約のタイプが異なります。 そのため、売却する側の希望や状況に合わせた選択をしましょう。

ステップ4.不動産売却活動をはじめる

媒介契約のタイプが決まったら、売却のために動き出します。とは言っても、実際に行動するのは不動産会社です。契約が決まると、不動産会社のホームページや広告チラシに情報を掲載したり、レインズ(不動産流通機構が運営するコンピュータ・ネットワーク・システム)で物件情報の登録をしたりしてくれます。レインズに登録した物件の情報は、レインズ会員の不動産会社なら見ることができ、不動産会社は物件を探している方に向けて情報を提供することができます。そのため、レインズに登録することによって広範囲で買主を探すことができるのです。

このように、不動産会社は物件情報の周知活動を行っていきます。売主は、その状況について月に何度か報告を受けるという流れになります。これだけ聞くと、売却活動はすべて不動産会社に任せておけばよいのではないかと感じるかもしれませんが、そうではありません 。例えば、物件に興味を持った方が現れると、内見をしたいということになるでしょう。内見の印象は購入するかどうかに大きく影響します。そのため、内見が行われる前には整理や清掃をする必要があります。内見に同席して相手と話すのもよい方法でしょう。このように売主にも行うべきことがあるのです。

ステップ5.購入希望者と交渉する

購入希望者が現れると、価格や支払い方法などについての交渉がはじまります。値下げの交渉が行われる際は、隠れたキズや不具合はポイントになるでしょう。不利になるからと言って説明しないと、後でトラブルになります。そのため、物件の欠陥については事前に伝えておきましょう。欠陥への対処についても話し合い、それらが合意に至ると、売買契約に移ります。

ステップ6.売買契約を結ぶ

話し合いが合意に至ると、不動産会社が売買契約の日取りや準備をします。指定された日に、売主と購入希望者、不動産会社の社員が同席して売買契約を交わします。不動産会社から契約内容の説明を受けて、売主と購入希望者の双方が同意し契約書に署名・捺印をしたら、契約が完了します。 取引内容・権利・義務が確定します。この際に、購入者から物件価格の10~20%ほどの手付金(契約金)を受け取り、不動産会社に仲介手数料の半額を支払うという流れになります。

ステップ7.不動産の引き渡し

売主は、契約が成立してから引き渡し日までに、登記の申請や各種書類の準備などを行う必要があります。ローン残金代の受け渡しや固定資産税・管理費などの清算、鍵の引き渡しなどを無事に済ませたら、物件の売却が完了となります。

以上が不動産売却の7ステップです。不動産を売却する際は、この流れを参考にしてみてください。